MENU

学生生活

卒業後の進路

EPの母体である電子情報工学科は,昭和28年に第1期の卒業生を送り出して以来,電気・電子・通信・情報という多様な分野の専門知識や能力を修めているという長所を活かし,様々な企業,機関へ就職し,高い評価を得ています。また,約70%を超える卒業生が大学院に進学しており,さらに高度な専門教育を受けています。特に平成13年度の組織改革によって大学院が大幅に強化され,世界に誇る最先端研究が可能になりつつあります。このため,博士号が取得できる博士後期課程への進学者も増えつつあります。電子情報システムEPとしては平成27年3月に初めての卒業生を送り出しました。就職指導・支援は,これまで通りの充実した体制で対応しております。

電子情報システムEP(電子情報工学科)の卒業生の進路実績(大学院進学者を除く)

水平方向にスクロールできます。

年度 学部卒業者就職実績(重複を除く)
H29 IHI,アール,シスコシステムズ,シンプレクス,スパイク・チュンソフト,セイコーエプソン,総合車両製作所,野村総合研究所,パナソニック,ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング,ビーブレイクシステムズ,富士通,富士通ビー・エス・シー,三菱東京UFJ銀行,‥‥
H28 アイエム,アズビル,アルトナー,伊藤忠テクノソリューションズ,伊藤忠商事,エイチ・アイ・エス,キヤノン,システム・キープ・ヤード,ソニー,大気社,中央電子,TIS,東京ウエルズ,東北放送,日本水産,日本電気通信システム,能美防災,野村総合研究所,日立産業制御ソリューションズ,日立製作所,日立ソリューションズ,富士ソフト,三菱電機エンジニアリング,ミドリ安全,ミロク情報サービス,‥‥
H27 揚羽,アベイズム,アルプス電気,IMAGICA,EXCEED,オービック,海上保安庁,兼松,関東管区警察局,キヤノン,キヤノンITソリューションズ,Global GA,図研,ステップ,総務省,ソフトバンク,多摩川電子,東京都港区役所,ナビタイムジャパン,ナレッジスイート,日産自動車,日本IBM,日本原子力発電,日本ヒューレット・パッカード,野村證券,ピアス,日立ソリューションズ,マネージメントサービス株式会社,三井物産セキュアディレクション,三菱電機,武蔵エンジニアリング,メディクス,モードプランニングジャパン,ヤマハ発動機,レジェンド・アプリケーションズ,YEC,‥‥

大学院理工学府(工学府)博士課程前期(修士課程)修了後の就職実績

水平方向にスクロールできます。

年度 大学院博士課程前期修了者就職実績(重複を除く)
H29 アクセンチュア,インターネットイニシアティブ,エーアイネット・テクノロジ,SCSK,NHK(日本放送協会),NTTデータ,NTTドコモ,NTT東日本(東日本電信電話),オムロン,川崎重工業,キヤノン,KDDI,コマツ(小松製作所),JR東日本(東日本旅客鉄道),システムエグゼ,首都高速道路,スズキ,セイコーエプソン,ソニー,電通国際情報サービス,東京ウエルズ,東京ガス,TOTO,特許庁,トヨタ自動車,日産自動車,日本光電工業,日本入試センター,野村総合研究所,パナソニック,日立ハイテクファインシステムズ,フクダ電子,富士ゼロックス,富士通,富士通フロンテック,富士電機,本田技研工業,三菱ケミカル,三菱自動車工業,三菱電機,村田製作所,明電舎,メガチップス,ヤフー,ヤマハ,リコー,‥‥
H28 IHI,アイシン精機,アクセンチュア,旭化成,アルプス技研,いすゞ自動車,イッツ・コミュニケーションズ,AVCマルチメディアソフト,エスアイアイ・セミコンダクタ,NTT研究所(日本電信電話),NTTコミュニケーションズ,NTTデータ,NTTドコモ,NTTファシリティーズ,NTT東日本(東日本電信電話),オリンパス,鹿島建設,川崎重工業,関西電力,キヤノン,九州電力,京セラ,京セラコミュニケーションシステム,KDDI,小糸製作所,コニカミノルタ,コマツ( 小松製作所),東日本旅客鉄道(JR東日本),JFEエンジニアリング,四国電力,シャープ,スズキ,全日本空輸,ソニー,ソフトバンク,タツノ,中国電力,中部電力,(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構,デンソー,東京エレクトロン,東京都庁,東京地下鉄(東京メトロ),東京電力ホールディングス,東洋エンジニアリング,(独)都市再生機構,トヨタ自動車,豊田自動織機,日産自動車,ニデック,日本アイ・ビー ・エム,日本テレビ放送網,日本工営,日本電気(NEC),日本電気通信システム,能美防災,パイオニア,パナソニック,浜松ホトニクス,日立製作所,フクダ電子,フジクラ,富士通,富士重工業,フューチャーアーキテクト,古河電気工業,ボッシュ,本田技研工業,マーベラス,三菱自動車工業,三菱電機,村田製作所,明電舎,ヤマハ,横河電機,吉田製作所,リコー,レノボ・ジャパン,‥‥
H27 IHI,インテリジェンスビジネスソリューションズ,NHK,エヌエフ回路設計ブロック,NTT研究所,NTTコミュニケーションズ,NTT東日本(東日本電信電話),オムロン,オリンパス,京セラ,KDDI,コニカミノルタ,コンピュータマインド,サイオステクノロジー,相模鉄道,JR東海(東海旅客鉄道),JR東日本(東日本旅客鉄道),JX金属,静岡ガス,島津製作所,積水ハウス,ソニー,ソニーLSIデザイン,中部電力,千代田化工建設,TMEIC,テルモ,電力中央研究所,東京ウェルズ,東京電力,東芝電波システムエンジニアリング,東北大学,東レ,トヨタ自動車,豊田自動織機,日産自動車,日本電気(NEC),日本電業工作,パナソニック,日立オートモーティブ,日立産機システム,日立製作所,ファナック,富士重工業,富士ゼロックス,富士通,本田技研工業,みずほ情報総研,三菱重工業,三菱電機,明電舎,安川電機,ヤマハ発動機,ラピスセミコンダクタ,リコー,ルネサスグループ,‥

博士課程後期修了後の就職実績

水平方向にスクロールできます。

大学院博士課程後期修了者就職実績(重複を除く)
横浜国立大学,岡山県立大学,京都大学,職業能力開発総合大学校,東京農工大学,富山大学,都立産業技術高専,名古屋大学,北海道大学,三重大学,立命館大学,Daffodil International University,Le Quy Don Technical University,Universiti Teknikal Malaysia Melaka,University of MALAWI,IHI,NEC(日本電気),エリオニクス,オムロン,吉林省電力科学研究院,サムスン,情報通信研究機構,自立制御システム研究所,産業技術総合研究所,中外テクノス,東芝,東芝システムテクノロジー,東芝三菱電機産業システム,日産自動車,日立システムズパワーサービス,フジクラ,富士通,三菱電機,三菱ふそう,‥‥

よくある質問

電子情報システムEPに関して

Q. 電子情報システムEP と情報工学EP の違いを教えてください。
A. 電子情報システムEP はハードとソフト両面の素養を養うためのカリキュラムが用意されています。情報工学EP は,ソフトウェアに重点をおいたカリキュラムが用意されています.
Q. EP への振り分けはどのように行われるのでしょうか?
A. 入試出願時の希望と入試成績により配属EP が決定されます。なお入試出願時には第2 希望まで指定できますので,大いに利用してください。また,入試願書提出時に希望したEP 以外に配属されることはありません。
Q. 電子情報システムEPでの学生サポートの特色はなんですか?
A. 一般に,大学には高校のような担任はいませんが,本EPでは,学業その他の相談口となる教員が学生一人一人についています。この制度は「コンタクト教員制度」とよばれ,電子情報工学科における特色ある試みになっております。卒業研究に着手するまでの3年間,春と秋に面談を行うほか,教務委員,厚生委員とも連携し,学生のケア,サポートを行っています。
Q. 大学を短縮して卒業することはできますか?
A. 工学部では,極めて成績が優秀な場合,3年で卒業要件を満たす早期卒業や,大学院工学府,大学院環境情報学府への飛び級制度により,実質的に3年間で大学課程を終える制度があり,理工学部でも同様の制度が予定されています。詳しくは履修案内をご覧下さい。
Q. 就職状況はいかがでしょうか?
電子情報システムEP・情報工学EP 共に,横浜工専の流れを汲み,昭和28 年に第1 期卒業生を輩出した電気工学科以来の長い伝統があります。これまでの卒業生が各方面で大きな活躍をしていることは,自他共に認めるところです。就職活動の際に大きな財産となることは間違いないでしょう。

大学院に関して

準備中

取得できる資格

電子情報システムEPでは,カリキュラムで定められた教養・専門科目を履修し単位を取得し,卒業要件を満たした場合,学士(工学)が授与されます。また,別途定める必要な単位を取得,手続きを経ることで,中学,高校の第一種免許(理科,数学,(情報))を取得することが可能です(ただし,履修状況,成績によります)。さらに,本EPを卒業後,必要な実地経験を経て電気主任技術者免許を取得するための学科試験免除を受けることができます。

大学院理工学府では、博士課程前期を修了後に修士(工学)、博士課程後期を修了後に博士(工学)が授与されます。

詳しくは,教務委員の教員経由で担当の教員までお問い合わせください。