電子情報システム教育プログラムの概要

電子情報システムとは

 電気,電子,情報分野はとても身近な技術です。液晶テレビ,DVD/HD レコーダ,携帯電話,カーナビ,電気自動車,そしてコンピュータやインターネットなど,身の回りのほとんどのモノやサービスの中で電気電子と情報技術が利用されています。社会を牽引する最先端の産業は,電子情報技術なしでは成り立ちません。

eceimage.gif

この分野が扱う技術は多岐に渡ります。大きく分けると「電気(電力・制御)」,「電子(エレクトロニクス)」,「通信・回路」,「情報通信」の4 分野です。

電力・制御システム
電気エネルギーは,環境に優しくクリーンで使いやすいエネルギーです。電気エネルギー技術の発展により,高速鉄道,電気自動車,人間支援ロボットなど様々な応用が拡がってきています。また,スマートグリッドに代表されるように,エネルギー技術と情報通信技術との融合発展は,柔軟で信頼性の高い持続可能な未来社会を創造するために,今後も必要不可欠であると非常に注目されています。したがって,この分野をさらに発展させるためには,電子情報工学の幅広い基礎技術の習得が必要です。本分野では,電気エネルギーの発生・伝送技術と高効率変換技術,有効利用のための制御技術までに至る幅広い教育と研究をおこなっています。
集積エレクトロニクス
あらゆる電子機器の構成要素である電子デバイスやそれらを用いた集積システムの開発・研究を行います。半導体,磁性体,超伝導体,カーボンナノチューブなどの新材料やナノテクノロジーを用いた電子デバイスの開発や,新しい原理に基づくトランジスタやLSI、光素子などの先端的研究を行い,より高機能で高性能なエレクトロニクス機器の実現を目指します。さらにはナノテクノロジーの医療・バイオへの応用を開拓し,電子機器に限らず幅広い分野への展開を目指します。
通信・回路システム
インターネットなどの超高速大容量通信を支える光通信ネットワーク技術,劇的な進歩を遂げた携帯電話やナビゲーションシステムの基盤となるモバイル通信技術,ハイビジョンや3次元映像などの大量情報を操るアナログ・ディジタル回路および信号処理技術など,通信とその関連技術は現在も目覚しい発展を続けています。本分野では,それらを支える光エレクトロニクス,移動体通信,電子回路,通信システム技術に関わる研究を行います。
情報通信システム
スマートフォン・携帯電話・音楽プレーヤのような身近な電子機器開発から,金融・交通・医療・福祉等の社会システムの実現,衛星・宇宙に至る高度ネットワーク応用まで,安心安全・豊かな社会を支える基盤として,情報通信システムは大きな役割を果たしています。この分野を牽引するコンピュータ・プログラム技術,ネットワーク,無線通信,ディジタル信号処理,音声・画像・知能処理等に関し,基礎理論から応用,ソフトウェアからハードウェアまでを幅広く扱い,さらなる未来情報社会の発展をめざした研究をします。

電子情報システムEPの役割

e04.gif

これらの電気,電子,情報の諸技術は,相互に作用しあうことで,さらに高度な技術に発展しています。そして,我が国だけではなく,あらゆる産業・技術のグローバル化に大きな貢献を果たしています。これからもその重要性は,科学技術立国・日本を牽引し,安心・安全な社会・世界の実現にむけて増すばかりです。

 このような時代の要請に対し,工学部電子情報工学科の電子情報システムコースは,2011年度より新たに理工学部 数物・電子情報系学科「電子情報システムEP」として生まれ変わり,これまで以上に深い専門性と広い視野を両立した技術者の育成をめざすことになりました。


電子情報システムEPがめざす教育

e03.gif

 社会の中で電子情報工学分野を担って活躍しうる人材の育成を目指します。技術革新が著しい分野ですが,そのような状況においてもなお電気・電子・通信・情報に共通する基礎を深く理解することが大切であり,さらに時代の要請に応えられる実践能力を身につけることも必要とされます。

電子情報システムEPは,電気・電子・通信・情報という広範な分野の総合教育を行い,他の関連分野においても大いに活躍しうる柔軟な能力を持ち合わせた人材を育成します。具体的には,電気回路・電磁気・エレクトロニクス・通信・情報に関わる基礎分野から,電気エネルギー・制御とシステム・電子デバイス・集積エレクトロニクス・電子回路・通信伝送システム・情報通信・高度な計算機・情報システム・ソフトウエアといった応用分野まで,電気・電子・通信・情報の広範な分野を総合的に学びます。

これらの教育・研究活動を通じて,本教育プログラムを卒業後には,大学院博士課程前期・後期への進学,あるいは電気工学,電子工学,情報通信工学,情報工学の多彩な分野における職業への路が開かれることでしょう。